保育施設の建設を考える時に知っておくべき事

保育施設には幾つかの種類がありますが、建設を建設する上で、保育施設の種類を把握しておく事は申請手続きの際にも役立つものとなります。

保育施設の中でも幼稚園と保育園は代表する施設と言えるのではないでしょうか。幼稚園は学校教育法による根拠法があるのに対し、保育園は児童福祉法によるものなどの違いを持っています。

また、管轄も文部科学省が幼稚園を管轄省庁としているのに対し、保育園は厚生労働省が管轄省庁になります。児童福祉法の中には施設名称が児童福祉施設と定めてあるのに対し、幼稚園については学校の取り扱いになるなどの違いがあります。

建設許可を提出する先についても、施設の種類などに応じて変わる、それ故に保育施設の種類を知っておく事はとても大切な事になるわけです。託児所と呼ばれている施設も保育施設に含まれていますが、保育園や託児所は数が不足している、待機児童が大勢いるなどと言われています。

新しい施設を建設する事は待機児童や子供を持つご両親にとっても良い事です。ちなみに、0歳から1歳の赤ちゃんを入所させる施設は、ほふく室の面積が1人当たり3.3平米、2歳児以上が利用する施設は、保育室や遊戯室の面積が1人当たり1.98平米以上など、児童福祉法の法律の中で児童福祉施設最低基準と言う形で定めてあります。

こうした基準などについても把握しておかなければ施設を建設するための計画が出来ません。尚、基準を満たしている事で助成金を貰えるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *