保育施設を建設する時のポイント

保育施設の建設では、乳幼児が入所することを考慮して施設の建築を行うことが大事になってきます。

最も重要なポイントは安全性への配慮と衛生環境の向上であり、これらのポイントを意識することで、安全で清潔な保育施設の建設が可能になります。保育園などの保育施設の建設では、入所する乳幼児の健康と安全を守ることが最も重要になります。

よって、使用する建材は安全性の高いものを選ぶようにします。国産の無垢の杉や松、檜などの無垢材は安全性が高く、塗料では亜麻仁油や蜜蠟などの安全性は特に優れています。これらの建材や塗料を使って建築をすると、安全性の高い保育施設の建設が可能です。

自然素材を使うと工費が高くなることがありますが、乳幼児の健康と安全を守るためには、たとえ費用がかかったとしても安全性への配慮を徹底する姿勢が大事になります。保育施設の建設では防音性を高めることも重要になり、特に住宅地に保育園などを建築する時には、防音対策を徹底させることが重要になってきます。

最近は、保育園の建築を巡って近隣住民からの反対運動が全国で頻発しており、近所迷惑にならないようにするために、防音性能を高める工夫が必要です。施設の防音性能を高めるためには、鉄筋コンクリート造にすることが理想です。

鉄筋コンクリート造の建物は防音性が優れており、室内の音が外に漏れるのを防げます。鉄筋コンクリート造にすると屋上に園庭を設けることも可能になり、狭い敷地を有効利用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *