建設会社が土地と建物の有効活用に福祉施設を

建設会社の中には医療・福祉施設の建設に携わる場合もあります。

障がい者や高齢者児童、病と一生付き合う方や怪我をしたために多くのサポートを必要とする人が集まる場所です。安心して生活でき治療を受けて毎日の生活を送る場所を提供するために建設業界が様々な知恵と工夫で企画を立て提供しています。

安心してご利用者様が日々の生活を送るための施設を開設しようと思うと土地探しが必要になってきます。ここで、最適な土地を探し提供、もしくは物件を探すこともしています。建設会社によっては土地と建物をセットで借りられる建貸スキームという方法を提案しています。

法人側が望む間取や仕様で新築で開設でき、初期コストを抑えることができます。大変な行政側との話し合いや各種書類の作成も手伝ってもらえるので安心して相談ができます。

土地活用を考えている方にとっても医療福祉業界に土地を提供することは地域や社会に貢献することにつながります。超高齢化社会を迎える日本では、高齢者の自立や障がいがなかった方も老いや病を得ることで心身に悩みを抱える方たちが増えてきます。

高齢者福祉施設には様々な種類があります。有料老人ホームから小規模多機能施設、デイケアサービス。高齢者用の住宅としての活用法もあります。高齢者用の住宅は税制のメリットが大きいと言われています。

土地を提供したいと考えている方に福祉施設にはどんなものがあるのか、自分の土地を有効活用してもらえるのか調べたり相談に乗ってもらうのも良いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *