介護施設の種類とその建築

介護施設の種類によってその建築と構造に必要な物が出て来ます。

特に内部構造に関しては入所予定者に対しては必ず個室にしなければならないなどのルールもあるため、事前に所管する役所にてチェックを受けることが必要です。

また建物それ自体に使用されるものでもアスベストなどは使用できませんがそれ以外で使用しても問題が無いかどうか、こうした点に確認をしてもらう必要が出て来ます。通常は介護施設の建築における完成予定図面を直接役所に持参してみてもらい、内容に不備がないかどうかを見てもらいます。

このとき施工業者だけではなく介護の事業所を運営するところの責任者なども同行し説明をフォローする体制が必要となります。言っていることが矛盾しないように双方で先ずは打ち合わせの上、役所の介護保険担当課や建設関係部署へ赴くことになるのが通例です。

建物とその内部の構造さらには施設の種類と事業の運営に関することはすべて連動します。利用者の予定者数とスタッフの人数及び設備と個室の状況なども連動しますので、それらが根拠法令を満たしているかどうかチェックが欠かせないわけです。

介護施設では建築にあたり守らなければならないことがいくつもあり、このため担当部署へは数回にわたり足を運んで担当者への説明をしっかりと行うことが重要です。

その後には開業許可を出す部署からもチェックが入ります。その上でとりあえず仮の開業許可を出してその後建物が完成次第正式な申請を提出させるのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *