介護施設の種類とその建築

いわゆる介護施設には様々な種類があり建築時における守るべきルールも異なります。

特に建物それ自体の素材などにおけるルールは同じとしてもそれ以外特にその施設の目的上において守らなければならない点は、個別に確認することになります。

介護の施設と一言で言ってもその種類は多く目的も異なりますし、病状によってはそもそも入居することが出来なかったりあるいは反対にその病名の人だけを入居させるようなものもあるなど様々です。

たとえば認知症対応型共同生活介護一般的にはグループホームと呼んでいますが、この施設には認知症の人しか入居できないといった点です。それぞれ入居または入所する対象が違う以上、それぞれの介護施設における建築条件も異なるのが自然です。

したがって個別に確認を行うことで要件を満たすかどうかしっかりとチェックを行うことが申請者側には求められます。

このときこの介護施設は建築に関する基準を別途満たすことも求められますし、さらに消防法等の別の法令などにもしっかりと対応が出来るようにしなければならないです。出口には蛍光で分かりやすくすることなどが挙げられます。

いったん介護施設が建築され事業開始後に確認される場合があり、その時々で適切に対応することが大切です。

可能であれば事業開始時においてこうした条件を満たしているかどうか確認の上で事業開始を行うことが望ましいため、関係する役所において相談を行うなどの行為も重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *