介護施設は夫婦で入所できるよう建築されている所も

ケアハウスは1990年度より建築が進められている新しいタイプの軽費老人ホームで、在宅サービスが利用できます。

この軽費老人ホームというのは、老人福祉法で規定されている福祉介護施設の一つになっています。収入、身体機能の程度、家庭の事情などによりA型・B型・ケアハウスの三種類に分類され、建築されています。

特にケアハウスは三種類の中で身体機能が最も低下している人を対象として建築されており、施設の構造も車いすの利用を前提としたつくりになっています。介護施設であるケアハウスでは、夫婦での入所も想定しておりそのための居室も用意しています。

夫婦の一方が60歳以上であれば入所することができます。食事つき、大浴場付き、かつ世話人付き住宅のイメージの介護施設ですから、虚弱化した高齢夫婦の住処としては最適だと思われます。外出などの行動も比較的自由になっています。

有料老人ホームも夫婦で入居するための、居室を用意しているところが多いようです。公的老人ホームに比べて食堂も豪華であったり設備も充実しているところが多く、資金的に余裕がある人にお奨めできます。

特別養護老人ホーム、養護老人ホームに関しても夫婦の両方がその入所要件を満たせば、もちろん夫婦で入所することができます。ただしこれらの施設では、通常特別に夫婦部屋を用意してはいません。

老人ホームへの夫婦入所については、夫は同室を望むが妻は別室を望むという面白いデータもあります。いい加減にあなたの世話から解放してよということでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *