介護施設の建築で欠かせない作りとは

一昔前の日本においては何世帯もの家族が同居しており、大家族で共に生活していたり近所に親戚が住んでいることも少なくありませんでした。

さらには地域の結びつきも強い時代で有り、困った時にはお互いに助け合ったり、子どもや高齢者の見守りを地域全体で行っていた時代もあったのです。

現代社会においては少子高齢化が進み、核家族化の進行や地域における人間関係の希薄さなど様々な社会環境の変化が起こっています。

特に総人口における4人に1人が65歳以上の高齢者である超高齢社会の時代に突入した日本においては、介護が必要な高齢者に対する支援の充実がますます求められているのです。

平成12年4月に施行された介護保険法によって、それ以降数多くの介護施設が建築され続けています。介護が必要な高齢者が入所して24時間介護ケアが受けられる特別養護老人ホームや認知症専門のグループホーム、リハビリや入浴などを目的に通うことが出来るデイサービスなど様々な介護施設があります。

それぞれの目的や提供されるサービスの違いによって介護施設にも様々な種類がありますが、建築の際には共通する大切な作りや視点があるのです。介護施設の建築の際に一番大切な視点は、利用する高齢者の安全性がいかに確保されているかという点が挙げられます。

どのような施設であったとしても、それらを利用する高齢者は心身機能の低下により何かしらの支援を必要とする人が過ごす場所になります。

だからこそスタッフが常に安全を確保できるように見守りやすい作りや居室やトイレ、浴室やその他の共有スペースでも直ぐに助けを呼べるナースコールの設置など、一つ一つの空間でどのように安全性が確保されているか、考えられているかはとても大切なポイントになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *