介護施設の建設に欠かせないポイント

一般住宅なら駅から近くて通勤通学に便利だったり、商業施設が近くにあって買い物が便利など生活の利便性を重視して建設をしますが、介護施設の場合には体の不自由な高齢者の介護がしやすいという点を重要視する為に一般住宅とは異なるポイントを見る必要があります。

例えば立地は駅から近くて商業施設が近くにあるような場所だと人通りや交通量も多いので、介護施設建設には好まれません。反対に人通りが少なければ送迎に便利だし、交通量も少なければ交通事故に遭うリスクを低くすることができます。

要するに大通りから少し離れた場所が好まれるが、それに加えて広い用地を確保できる場所が介護施設の建設には好ましいと言えます。建物の規模も一般住宅とは違っていて、予算や希望の部屋数や間取りなどで決める一般住宅とは異なり、介護に要する規模の目安があって、それに基づいて決定していきます。

具体的には利用定員数の約2倍の坪数が必要と言われていて、定員が20名なら40坪が必要ということです。この他にも入り口には車椅子でも問題なく出入りできるスロープを設置したり、トイレもバリアフリー仕様のものを設置するなどの配慮が必要となります。

ただし、あれもこれもと設置しようとすると予算を大きく超えてしまう恐れがあるので、何が必要で何が必要ないのかを明確にして建設をしていく必要があります。

もちろん介護施設はバリアフリー仕様にしなければならないなど、法律で設備や設置が定められている部分が多々あるので、必要最低限の設備を設置した上で予算内に収まるかどうか検討する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *