介護施設の建設と地域住民との交流

介護施設の建設では地域住民の理解が欠かせないです。

その理解を得るためにもその土地の住民会などとの連携を図ることが大事と言えます。あらかじめその土地の取得後以降速やかに連携を図っていけば、いざ事業を開始したときに拒絶されることも少なくなります。

こうした交流などを後回しにしていたりすると思わぬところでしっぺ返しを受けることがあります。町内会などへの参加を積極的に行うと共にその介護施設の建設の前後には施設の概要などをしっかりと話しをする場を設けるといった配慮が欠かせません。

こうした対応をしているかどうかで地域に溶け込んでいけるかどうかが決まります。ここで溶け込まないようでは介護施設の建設自体は出来たとしても事業としての収入も確保できたところで、地域から拒絶されるとなかなかその後の展開が難しいです。

地域とのふれあいを考えながら事業展開を行うことで、この介護施設の建設などへの理解が進むと同時に利用を考えてみようかと思う人がでたりあるいは地域の小学生などとのふれあい交流なども可能性が出て来ます。

すなわち地域での介護事業所としての生き残りを考えるときにその地域に溶け込んでいく努力を惜しむことは避けることです。

こうした努力の上で介護施設の建設と事業展開を考えることが、後々の利用者増などへとつながり事業収入の安定化に繋がっていきます。地域によっては拒絶されやすい介護事業だからこそ努力を続けることが肝要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *