一般住宅と違う建設の介護施設

一般的な住宅を建設する場合には買い物がしやすいや通勤通学がしやすいなどポイントを重視して建設をしていきますが、介護施設は一般的な住宅の基準とは異なる点が多々あります。

もちろん最終的には設計事務所が行うことですが、依頼する側も違いを理解しておくと設計事務所の選定にも役立ちますので理解しておりましょう。

例えば立地ですが一般的な住宅なら駅から近くて通勤通学に便利だったり、商業施設が近くにあって買い物に便利など生活をする上での利便性が重要視されますが、介護施設の場合には送迎が必要になるので人通りが少ない場所が好まれたり、交通量も少ない方が事故を防げるので人気です。

大通りから少し離れた広い用地を確保できる場所が介護施設として望ましいと言えます。そして、建物の規模も一般住宅なら予算と希望の部屋数や間取りによって決められるが、介護施設を建設する場合には介護の要する規模の目安があるので、それによって決められます。

例えば利用定員数が20人なら坪数は2倍の40坪が目安といられています。つまり、利用定員数の約2倍の坪数が必要ということです。

これらのポイントに加えて入り口には車いすでも安心のスロープを設置したり、バリアフリー仕様のトイレを設置する必要があって、常に高齢の利用者が快適に過ごせる空間づくりが求められます。

しかし、あれもこれもと設置して行くと予算オーバーになる恐れがあるので、予算に合わせて必要なものと不要なものを選別する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *